FC2ブログ
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
君と見る千の夢
2010 / 05 / 07 ( Fri )
6日~7日と一泊二日でTOKYO行って参りましたー。
2010年Myゴールデンウィークのメインイベント、(つーかむしろ連休この2日だけだけだったけど)
『君と見る千の夢』の6日マチネ観劇させて頂きました。
嵐ファン暦7年にして初グローブ座でございました。
感慨深い…(笑)
新大久保の駅出てちょっと迷いました。
(あんな距離でどうやって?とか聞かないでやって下さい究極の方向音痴なんです)
あと、近くのコンビニで開演前にコーヒー買ったら、
店員さん同士が「今日13時からじゃないの?皆間に合うのかしら?」「いや今日14時からですよ」みたいな会話をしてらして心底驚いたんですが、そしたらその方に「生で見れて良いですねぇー!楽しんできてね!」って言って頂きました(笑)
ファンってばればれだね★(そりゃな)



さてさて、以下、『君と見る千の夢』観劇感想です。
ネタバレ盛り沢山な上に個人的主観のみの感想ですのでご了承下さいませ。









私の席は2階A列ど真ん中だったのですが、
もう今年の席運全部使ったんじゃねぇかっていうくらい
観やすくて居やすくて集中しやすいお席だったので、
ちょっと今度色々と神頼みしてこようかな、と思っております。

とにかくグローブ座、本っト狭い。
あんな距離で相葉さん見たの何年ぶりだろう私…(天井席と天空席に慣れ親しんでるので/笑)
席のお陰もあるかとは思いますが、観やすくて良い劇場ですねー。
やっぱりあれくらいのキャパシティで観られるお芝居って良いなぁと思いました。
劇場の大きさは作品のパワーのひとつにはなり得るけど、
劇場の狭さもまた然りですもんねぇ。
あと私、スピーカー通さずに相葉さんの肉声そのままの声を聞いたのって初めてかもしれません。
コンサートの最後とかにマイク無しで「ありがとうございましたー!」とかは別にして。
こういう事が出来るのはやはりあのキャパシティじゃないと駄目なんでしょうねぇ。
多分このお芝居はマイクとかを使ってしまうと雰囲気が変わってくると思うので。
それは分かるんだけど、と思うとやはり需要と供給のバランスは難しいです。



お芝居そのものに関しては、正直めっちゃ泣きました。
ラスト30分はもう場内すすり泣きって感じだったんですが、
私多分1時間くらいずーっと泣いてたなぁ(笑)
ピアノからわざと目を背けて、家業を継ぐ決心をお父さんに伝える事で自分に言い聞かせた春也くんの、「弟子にして下さい」という土下座のシーンからもうダメでした。
相葉さんがインタビューで、
相手役の上原美佐さんが相葉さんの隣でポツリと
「私、春也君のどこが好きなんだろう…」と呟いてしまうくらい、
春也君は弱い人に見えるけど、でもそれだけじゃない筈だから、
というような事をおっしゃってたように思うのですが(ニュアンスです;;)
本トその通り、春也くんを外側から見てると多分、弱い人にしか見えないかもしれません。
でも、春也くんは決して弱いんじゃないと思います。
春也くんがみっちゃんに、コンクールから逃げてしまった事を告白する場面にそれがつまってると思う。
告白というよりむしろ独白というか。
このシーンの相葉さんの演技が凄く印象的でした。
ピアノへの想いとか、才能とか。そういう自分だけの『敵』に対する脅えみたいなものが痛いほど伝わってきて。
この辺からラストまでもう泣きっぱです私。(笑)

あえて『才能』という言葉を使いますが、
こと芸術に関する才能というものは、その当人のもののようで他人のものであり、他人のもののようで当人のものであると思います。
評価や支持は他人からして貰わないと意味がない。
だけど、表現や想いは自分のものでないと意味がない。
自分がやりたい表現・伝えたい想いがどれだけあったとしても、
他人から評価されなければそれは無いも同然で。
だからと言って、他人の評価ばかり気にして迎合するようでは
それは表現とは言えない。
自分の想いと他人の評価が合致する事なんてごく稀だという事を知ってしまった時、才能は当人の最大の敵になる。
春也くんは、ライバルの演奏を聴いて逃げたと言っていたけれど、
もし先生から言われた通りの演奏じゃなくて、自分のやりたいように演奏していたとしたら、きっとそんな風に思わなかったと思うんです。
春也君のあの告白からは、「自分の弾きたいように弾いていれば良かった」っていう後悔が伝わってきた気がしたから。
でも、自分の才能を自分で信じるのって凄く難しいから。
だから、あなたが弱いわけじゃないんだよ、って春也君に伝えられたらどんなにか…と思うともう、涙が止まりませんでした。
あのシーンの相葉さん、本当に素晴らしかったです。
正直最初のうちは「あぁ、まだ始まって4日しか経ってないし、
まだ役よりも相葉さんの色が濃いなぁ」と思っていたりもしたんですが、(何様やねんって感じですいません;)
このシーンは本当に、孤独なピアニストそのものだったと思います。




あと、今回は特設舞台があるということで、どんな感じの演出なのかなぁと思ってたんですが、
その特設舞台の部分がベニヤ板の下に照明が仕込んであって光が透けるようになっていて、
暗転時にはほのかに瞬いているのが面白い演出だなぁと思いました。
目をつぶるとまぶたの裏に見える光みたいな、そんな感じで。
春也くんがずーっと眠っている状態だから、それを表現なさってるんですかね?
春也君の目線的な。
もー本っトにほのかなんで目の錯覚かと思うくらいですが、
何回も暗転時に確かめたので、一応確かだと思います(笑)
裏を返せばそれだけ暗転が何回もあるって事なんですけどね★(笑)
で、今回は盆回し無しかなー?と思ったら最後の最後に有り。

開場時BGMはピアノメイン曲ばかりですが、ジャジーだったりワルツっぽかったりと、あんまりクラシッククラシックしたものは無い印象でした。
本編ではラフマニノフとか出てくるんですけどねー。
…あれ?ラフマニノフだったよね?(ヲイ)

あと映像というか、文字を透過させたりする演出もあって、
そこは視覚的に面白かったです。

大道具自体は少ないんですけど、公園のリスたんがやけにハイクオリティでした(笑)
この上に座ったりする春也くんが、まーーースタイルよくってスタイルよくって…。
あのリス多分普通の人が座ったら足あんな風にならないよ?っていうとこいっぱいあった(笑)

脚本の方も、私はそんなに気になるところはなかったんですが、
唯一、みっちゃんのお母様のエピソードをもうちょっと入れて頂けたらもっと最後が衝撃的だったんじゃないかなー、とは思いました。
時間の都合とかあったのかもしれないですけど。
春也くんのバックボーンに対して、みっちゃんのバックボーンが弱いのはちょっともったいなかったかなーと。
でも私、基本金子さん好きなので何もいえませんが(笑)

あとはー、太鼓練習のシーンの春也君のかっこよさにときめかない女子はいないんじゃないかと思うくらいかっこいいです。
あのバチになりたい、と思うほどに(えぇー)
ってゆーかもう春也君の衣装がどれもこれも身体のラインが綺麗に見える衣装で最高です!
相葉さんの横から見た背中のラインフェチとしてはもう「ご馳走様です!」みたいな(えぇぇー)
寝転がって話すシーンで(多分最後の方のみっちゃんと公園で喋ってるところ)
おなかチラリしちゃったりとかも本トありがとうございました(土下座)←最低
あとあと、前掛けはずした時にも若干おなかチラリでした。ごちs(しつこい)
それと、電気ショックを与えられる春也くんの表現がめっっっちゃツボでした。
演技としても素晴らしかったですし、相葉さんご本人として観ても素晴らしかったというか。
やっぱり身体能力高いんだなぁ・・・としみじみ思いました。
降ってくるメモをひらひらと掴むシーンも綺麗だったなぁ。
相葉さんならではの無邪気な儚さがあったというか。
掴もうとする付箋が掴めなかったり、全然掴むつもりじゃなかった付箋を掴んだりと、
このシーンきっと今後色々変わってくるんじゃないかなー、と思えたシーンでした。



共演者の方の中では、個人的にはナースの大ちゃん役の方が好印象だったのですが、なんとグリーンフィンガーズもご出演なさってた方だそうで。
嫌味の無い演技というか、大げさじゃないけどこぶりではないというか。
好きな感じの役者さんでしたー。

カーテンコールは3回。
1回目の、出演者の皆様が順番に出ていらっしゃる時には、
妹ちゃんと竜ちゃんがじゃれてて可愛かったです(笑)
だ、大ちゃんがんばれ!><って思ったけど(笑)
相葉さんが最初に出てきた時は、舞台の扉から後光つきでご登場。
これがもう、めっちゃくちゃ綺麗だったんです。
相葉雅紀って天使だよね(真顔)ってなった。
で、最後のカーテンコールでは本舞台の階段を右側から左側へ渡っていかれるんですけど、本編では越えることの出来なかった段を上り下りする時の相葉さんの表情と足取りが凄く印象的でした。
で、回想で主に使っていた踊り場でにこにこキラキラで手を振って下さってから舞台を降りられるんですが、
その降りる為の階段がちょー狭くて、
身体を横にして降りる相葉さんが超可愛かったです><
雅紀天使><
知ってたけど><







と、個人的に書きとどめておきたい事はこんな感じでしょうか。
もしかしたらまた何か思い出したらひっそり書き足すかも(笑)

あ!そうそう、あと、今回折角6日にTOKYO行けるんだし、
あわよくばプリティラブリー潤ちゃんCARが見たいなぁーなんて思ってたら、舞台終わって待ち合わせの為に渋谷に行ったんですが、
渋谷駅から出て交差点渡ろうとした瞬間に遭遇出来ましたーv
Trouble Makerが合い過ぎてて爆笑した(笑)
今回のTOKYO遠征は、本っト思い残す事のない遠征になりましたv
また近々行きたいなーTOKYO。


長々とした感想を読んで頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:アイドル・芸能

23 : 33 : 17 | 相葉雅紀 | コメント(2) | page top↑
<<Happy Happy Birthday!!!!! | ホーム | マリオカートWii CM>>
コメント
--素敵な時間でしたね♪--

ども鈴子さん♪
(先日は楽しすぎる時間ありがとです♪)
・・観劇のレポ&鈴子さん的目線・・楽しませていただきました♪
なるほどなぁ・・って・・本当にうなづいて読ませていただきましたよん♪
さすが綺麗な心をお持ちでいらっしゃるから・・涙が止まらなかったのでは・・と察しましたわ♪
春也くんは・・本当に・・難しいと思いましたが・・相葉さんらしく・・命を吹き込んでらしたのではと思いました♪
私も前掛け外すとこと、太鼓の練習のとこ、寝っ転がっておなか見えちゃってたとこは・・違う目線で(?)がん見でした(笑)素敵でしたぁ♪素敵でした・・はい(笑)♪
ふふ・・私のお気に入りは何といっても竜ちゃんです!(笑)
妹ちゃんは絶対竜ちゃんとくっつくと予想してましたから・・大ちゃんごめんね(笑)
・・私も・・暗転時の・・ほのかに舞台上を照らす☆?というか・・夢のような雰囲気?・・はじめは自分の目の錯覚かと思ってましたが・・
下からの光だったのですね・・・確か3回か4回はあったはず・・(笑)

初のグローブ座&ラッピングトレーラーにまで遭遇できたなんて!?素敵な休日でしたね♪
・・・今年の嵐運♪鈴子さん的上昇中なのでしょうねきっと・・ぜひあやからせてくださいませ♪
by: べぇざぁ * 2010/05/08 15:30 * URL [ 編集] | page top↑
--べぇざぁさんへ--

先日はこちらこそありがとうございましたm(_ _)mぺこり

私じゃなくてひとえに春也くんが、そして相葉さんが綺麗だからこそ泣いてしまったんだと思いますー。
それに多分、私若干泣きどころとはズレたところで泣いてますし(笑)

竜ちゃん役の方も素晴らしかったですよね!
私も、もしかして竜ちゃんって大ちゃんのこと応援してるけど妹ちゃんの事が好きなんじゃ?とか思ってたんですが、その辺は深読みし過ぎだったみたいですね(笑)

暗転の時の舞台の光は本っト目の錯覚かと思いますよねー(笑)
でも一応暗転の度に確認したので・・・確かな気がするんですけど(ノ∀`)(笑)
数えてはいないんですけど、私10回くらいあった気がしてましたー(笑)←ヲイ

本っトもう今年の嵐運全部使い切ったんじゃないかとびくびくしてるんですが(笑)
こちらこそべぇざぁさんにあやからせて頂きたいです(>_<)(笑)
by: 鈴子→べぇざぁさん * 2010/05/08 23:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。